幽霊

パパは幽霊を見たことがある


最初は

高校生の時 季節は今頃 

学校から帰ってきて 2階の部屋に向かう

リビングを横目で見ながら 「ただいま~」

母さんの横に ハゲたじいさん

お客さんかな?

着替えて 1階に下りる

あれ? いない

母さんに聞いても 誰もいなかったと

父さんの親父さんは ハゲてたらしいけど

写真もないから 確認できなかった

確かに そこに いた と思う


2回目は

やはり 高校生の時 自分の部屋

夏の 夜7時位かな

窓の外を 人の形をした白い何かが ゆっくり横切った

頭の部分には 黒い髪らしき物

当時の友人の親が言うには

パパの家は 霊の通り道になっていると

玄関に盛り塩をするように言われた


パパは高校生の時に 肺の病気になった

その時 その友人の親に言われたのは

パパの父さんの母さんの父さん(ひいじいさん)が

肺の病気で亡くなっている 成仏してないから

墓参りしなさいと

パパが病気になる1年前に父さんも同じ病気になった

話的には鳥肌が立つけど

成仏してないから孫を病気にするってどーなのさ


3回目は

1人暮らしをしていた 神奈川のアパート

アパートの駐車場に車を止めて 部屋に向かうとき

パパと友人の前を 白いモヤ 雲みたいな 

それが スーっと 横切った

友人が言うには 人の上半身 だそう


4回目は

見たわけじゃないけど

ママが撮ったパパの写真

パパの肩に 肌色の手 らしきものが

画質が悪いから なんともいえないけど


あと

居酒屋の入口で 手相を見る人がいたので ママと見てもらった

ちょうどその日は 大先生 らしき人がいるとの事で 見てもらう事に

その大先生やらは パパを見るなり ビックリした顔で

「そんなに肩にのってる人 みたことがない すぐに除霊しなさい」

浅草にある事務所? に行きなさい と言われた

言われちゃうと気持ち悪いから ママと旅行気分で行くことに


約束は11時

パパたちは早めに着いた

玄関には 貼紙があって 横にある水で口と手を清めてお入り下さい

ママと うがいして 手を洗って 玄関を開けた

出てきた人が まあ胡散臭いこと 白装束 オウムか!

うがいして手を洗った事を伝えると

「え~ 最近水を変えてないんですよ~」

いい加減にしてもらいたい

まあ 水を飲んだわけじゃないから いいや


で 奥の広い部屋に通され 大先生の大先生が来るのを待つ

待てど暮らせど 来ない

約束の時間は過ぎてる

白装束の信者にぶち切れる 信者はオロオロして

先生と連絡が取れないそうだ

じゃあ帰る て言っても 信者に囲まれて 帰さない雰囲気

最終的にまずいことになったら大暴れすればいいや

と思いながら 大先生の大先生を待つ

結局 13時

てめえ 何時間待たせる気だ!ふざけるな!

「ごめんなさい 起きれなかったから あなたの肩の霊達が除霊してほしくて

私に飛んできてしまったの」

はい?あなたは馬鹿ですか?

じゃあ もう肩にはいないじゃねえか 帰るぞバカヤロウ

わざわざ浅草まで くだらない


神も 仏も 何回も見た幽霊も 信じなくなったのはその時からかな


幽霊は 確かに 見た 気がする

昔の事だし 見間違いかも 

第一 ママが出てこないし

心霊スポットとか行ってみようかな

夜のお墓とか

そこで もう一度 幽霊を見れたなら

ママの存在を 信じれるのに

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。