優しいママ

ママがいなくなって43日過ぎた

朝起きて洗濯機をまわす 

最近まで洗濯機の使用方法を知らなかったけど息子に教わってできるようになった

息子は離れたところに住んでるけど3日ごとに様子を見にくる

洗濯機をまわしたら犬たちのご飯

1週間分を作って冷凍してあるからそれを温める あとヨーグルト

食べ終わったらお口をふいて目ヤニをとって

そのうち💩するからおしりをふいて

そうこうしてると洗濯が終わる

ベランダに干す

一段落したらママをベッドから連れてきてリビングで一服


そんな毎日


ママがみたら「パパすごーい」と言っただろうね


パパは家のことを何にもしない人間だった


でもスーパーの買い物とゴミ出しはパパの仕事 それだけ


今はすべてをこなしている 


犬たちのご飯作りが一番大変かな


ママが作ってたのを見てたから真似して作ってます


鶏ささみの筋をきれいに取って1センチに切ってから高級だしで煮込む

ニンジンは3ミリくらい ナス、大根、ジャガイモは1センチ あとオアゲ

ジャガイモは最後に入れて歯ごたえを残す


犬たちの健康を考えての食事


ママはホントに優しい人でした

前に飼ってた犬のぽんちゃんが寝たきりになって1年半

大好きなゴルフも行かなくなってずっと抱っこしてたね

1年半毎日抱っこってスゴイ 


ぽんちゃんが死んじゃってからママは抜け殻のようでした

毎日泣いてたね 


そんなママを救ってくれたのが今いる犬たち

周りの人たちは 死んじゃったばかりなのにすぐ新しい犬を飼うってよくない

みたいな事を言ってたけど 

でも今の子たちを新しい家族に迎え入れてホントに良かった

ママに笑顔が戻ったから


ママの遺骨とぽんちゃんの遺骨


並んでる


パパは無宗教


パパの親も健在で 親は次男 しかも親は「自分が死んだら骨を川にでも流してくれ」

と言っていた

そんな親に育てられたパパは無宗教


お墓に骨壺を入れると最終的に骨は溶けて水になるらしい

石に囲まれた暗い空間で 閉じ込められた暗闇で


親が「お墓作ろうか」と言ってきたが断った


ママは骨になったけどパパのとこにいるから

ずっとママと一緒だよ

朝9時に会社に行って 今ブログを書いてる 仕事はやる気がおきない

自営業だからどうにでもできる すべてが後回し

初めてブログを書いてみたけど 書いてると涙が出てきます

でもなぜか 書くと少し落ち着く


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。