ママが倒れた日

2016年4月21日8時40分

目覚めると隣にママがいない

8時から10分刻みで目覚ましが鳴ってたので8時30分には隣にいたのは確認済み

トイレでも行ったのかな


起きてトイレに向かう


扉が少し開いていて中の明かりがもれてる

「ママ~」

返事がない


前の日は飲みすぎたからトイレで寝ちゃったのかな


「ママ~ こんなとこで寝ちゃだめだよ」


「ママ~」


よく見ると 口と目が半分開いてる


「ママ~ ママ~ ママ~」


今まで出したことのないほどの大声で叫ぶが反応はない

どうしていいか分からず少ない知識の中で人口呼吸をした


肌は暖かい


あっ 119番だ


119番の人が心臓マッサージをしろと言った

心臓マッサージはテレビで見たことはあるけど実際にやったことはない

ママの肋骨がバキバキ音を立てている


こんなことして本当に大丈夫なのか


でもそんな余裕はない

とにかく続ける


119番の人に住所を聞かれても思い出せない

町名までは言えたけど番地が思い出せない


ママの母親が番地を教えてくれた(二世帯住宅なので)


救急車が来るまで何時間待っただろう

実際には10分程度だったみたいだけどすごく長く感じた


救急車の中では隊員が心臓マッサージ、たまに電気ショック

何回も何回も何回も何回も


でも心臓は動かない


病院についてからも状況は変わらず


30分くらいたっただろうか


お医者様が「心臓が動きました。これから原因を見つけるために太ももからカテーテルを入れます。」みたいなことを言っていた


うれしくてうれしくて涙がぽろぽろこぼれた

ママ助かったんだ よかった 


しばらくしてお医者様が「また心臓が止まりました。原因がわかりません。MRIで調べます。」


喜びもつかの間 また地獄へと


「原因が分かりました。くも膜下出血です。現在微弱ながらも心臓も動きだしました。」


【くも膜下出血】  


聞いたことある 

半身不随とかになるやつだ

その瞬間いろんなことを考えた

車いすになったら介護もたいへんだから平家を建ててバリアフリーにしよう

事務所と家を一緒にすればずっとママの面倒をみれるな とか


お医者様に呼ばれた


「手の施しようがありません。脳幹の近くからの大量出血ですでに脳が機能してません。自発呼吸もできません。助かる見込みはありません。」


意味がわからない


出血してるならその部分を止血すればいいじゃないか

手術して下さい

治して下さい


出血によって脳圧が非常に高くなっていて頭を開くと脳が飛び散ってしまう


と言ってました



病院のベッドのママは普通に寝ているようにみえます

人工呼吸器が付けられてるけど

血圧は60-40

これでもかなりの昇圧剤を入れているらしい

肌も暖かい

ママは生きてる

ママがんばれ

ママがんばれ


急に目覚めるかもしれない


奇跡を信じる


そう思ってた


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。