リハビリ中

肩の痛みが やっと和らいできました


ただ 右手の親指と人差し指 相変わらず痺れてます


たまに 右腕全体が 痺れます


病院は 家の近所


歩いて 2~3分


病院の建物は ざっと築70~80年 経過してるかな


ものすごいレトロ


先生は70代かな


受付の人や 看護婦さん みんな80代 (だと思う)


患者さんは 80代から90代


みんなリハビリに来ている


その中に混じって 49歳のパパがいる


なんか 急に年老いた感じがする


まともに 歩ける人は ほぼいない


パパも そのうちこうなるのかな


なんて思いながら 御老人たちと リハビリ


といっても 電気流すだけなんだけど


血圧の薬も処方されているので


最近は150-80位になりました


奈里ちゃんが 生きていたら


きっと かわいい おばあちゃんに なった事でしょう


ずっと 仲良く 老後を送りたかったな


リハビリ中 そんなことを 考える










 

スピッツいいよね

スピッツの歌が好きだ


モノマネもできる


あんまり似てないけど


歌い手の なんとも言えない こもった声


死んでしまった人を 追いかけるような歌詞


待ち伏せた夢の辺り

驚いた君の瞳

そして僕ら今ここで生まれ変わるよ


泣いちゃうよね


もし そんな世界があるのなら


今すぐ行きたいよ

弱音を

奈里ちゃんなら こんな仕草したかな


奈里ちゃんなら こんな笑い方


こんな怒り方


ほっぺを膨らませて


奈里ちゃんなら


誰をみても テレビを見ても


奈里ちゃんに 置き換えてしまう


でも その人は 奈里ちゃんじゃない


奈里ちゃんは もう いないんだ


わかってるけど


ダメだ


悲しすぎて 狂いそうだ