死ぬまで生きろ

昨日 3月24日 
奈里ちゃんがいなくなって 11ヶ月過ぎました


相変わらず 泣いて過ごしている


どんなに泣いても
どんなに叫んでも
奈里ちゃんに 会うことはできない
お話しすることも
抱きしめることも


よく理解している


あの世で 見守ってる?


そんなはずもない


パパに 残されたのは
奈里ちゃんがいない という現実


お世話になっている 会長さんが 最近パパに言う言葉


「死ぬまで生きろ」


当たり前の言葉ですが
妙にしっくりくる


死ぬまで生きる


それしかないのでしょう


悲しくても 苦しくても
死ぬまで生きるしかない


ただ


いまだに 信じられない


本当に 奈里ちゃんは 死んじゃったのかな


ある日 目が覚めたら
隣で 「パパ おはよ~」
なんて


「奈里ちゃ~ん イヤな夢 みちゃったよ~」


そんな 可能性だって あるんじゃないのかな


すべてが 夢の中


いつか 目が覚めるときまで
夢の中を 生きようじゃないか


そんなことを 考えている次第で ございます





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。