ずっと暗闇の中に

奈里ちゃんが いなくなってから 160日
160日か
長いやら 短いやら よくわからない
時間の感覚が なくなっている感じ
朝起きて やるべきことをこなしていると 10時位になってしまう
奈里ちゃんの遺骨を見つめて ぼーっとしてる
ぼーっと というより 放心状態になる
最近 そんなことが多い
放心状態になのに 突然 悲しみが襲ってくる
叫ぶ 泣く 咽る
また放心
その繰り返し
気づくと 夕方近くになってる
精神病かな
まともではない事は 確かだ
何もする気がおきない
仕事も 放棄してる状態だから 入金もない
そのうち貯金も底をつく
まあ どうでもいいかな
もう疲れてしまった
このまま生きていて 何の意味があるんだろう
いや 意味なんか ないんだろう
ただ 心臓が 動くから 生きてる
脳が 丈夫だから 
ただ それだけ
奈里ちゃんを喪い
深い闇に落ちて
その暗闇の中
ぼーってしてるだけ
抜け出そうとも 思わない
パパは 悲しみたいんだ
奈里ちゃんを喪ったことを 悲しみたいんだ
泣きたいんだ
叫びたいんだ
いつまで続くかわからないけど
パパは 死ぬまで 泣き続ける
周りの人は 時間が解決してくれる そのうち いい人ができるよ
ほぼみんなが そんな 軽口をたたく
おまえは そうでしょう
パパは違うんだよ
パパには 奈里ちゃんしか いないんだよ
これからもずっと
奈里ちゃんだけなんだよ
だから ずっと この闇の中にいる
それでいいんだ
そうしたいんだ







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。